現在、大手キャッシング会社(プロミス、アコム、アイフル、モビット)で2社目をご検討ではありませんか?
カードローン会社で、借り入れを行う場合、収入証明書の提出を求められることがあります。しかしながら、これには条件があり、一定の借り入れ条件に該当する人だけが、収入証明書の提出を求められています。

つまり、収入証明書の不必要なキャッシング会社を利用することで、証明書を提出することなく借り入れができてしまうことになります。

また、収入証明書を準備するためには、会社に申請しなければ準備できないという人もいるでしょう。収入証明書の発行を会社に依頼すれば、何に利用するのか間違いなく疑われてしまいます。それを防ぐためには、収入証明書とは何を表すのか理解し、他のキャッシング会社の提出条件を知っておくことで、会社を利用しなくても自宅に既にあるものを利用して、提出できる可能性があります。

カードローン会社で収入証明書の提出が求められる明確な理由
カードローンで借り入れを行う際、提出を求められる収入証明書ですが、人によっては、所得証明書と説明する人もいますので、同じ意味の言葉であることを理解しておきましょう。収入証明書があれば、あなたの収入を公的に証明してもらうことができます。

電話でカードローン会社の社員の方に「年収が○○万円あります。」と説明しても説得力がありません。その発言を説得力あるものにするために、収入証明書が存在しているのです。

何を提出すれば、収入証明書となるのか
キャシング会社から収入証明書の提出を求められた場合、何を準備すれば良いのか、明確に記載しておきます。すべて準備する必要はなく、自分の状況に合わせて1つ提出しましょう。

・給与支払明細書
・源泉徴収票
・特別徴収税額の通知書
・確定申告書
・課税証明書

まず、会社勤めの方であれば、「給与支払明細書」と「源泉徴収票」が準備しやすいでしょう。また、給与支払明細書を提出する場合、「1年分の賞与明細」の提出も求められる可能性がありますので、契約するカードローン会社の条件を確認するようにしておいてください。自営業者の方は、「確定申告書」「課税証明書」が準備しやすいのではないでしょうか。また、「特別徴収税額の通知書」とは、200万円を超えるような、利用限度額を希望する場合に提出を求められます。正直なことを申し上げれば、どの明細に関しても、簡単に準備できるものではありません。この問題を解決するためには、収入証明書が不要なキャッシング会社を利用するしか方法がありません。

収入証明書は、限度額と関係している
カードローン会社で収入証明書が必要な場合、企業が定めた一定の限度額以上の借り入れを希望する場合に収入証明書の提出を求められる可能性があります。人によって、提出を要求される人と要求されない人がいますので、提出が必ず必要であると断定できません。この点については、銀行カードローンや消費者金融カードローンでも同様です。それぞれの企業で、50万円や100万円と貸付限度額が設定されていますので、それを超える場合は、収入証明書の提出が必要だということです。

総量規制と収入証明書の関係
総量規制の対象となる消費者金融のカードローン会社と総量規制の対象とならない銀行カードローン会社では、収入証明書が必要となる金額の範囲が違います。消費者金融カードローン会社は、総量規制の対象となりますので、限度額が低く50万円以上の借り入れ、または、複数の金融機関の借り入れ金額を合計して、100万円を超える借り入れを希望する場合に収入証明書の提出が求められます。収入証明書を必要とすることなく、少額の借り入れを希望する場合は、審査の通りやすい消費者金融カードローン会社を利用すると良いでしょう。

一方で、銀行系のカードローン会社の場合、総量規制の対象となりませんので、多数の企業が100万円~200万円を借入限度額として設定しています。その金額までならば、収入証明書の提出は必要ないとしています。低金利で、100万円を超えるような、大きな金額を借り入れる場合は、銀行系のカードローン会社を利用することで、迅速な融資が受けられるでしょう。

源泉徴収票の提出なら1分!?最速で準備できる収入証明書はどれ?
あなたの自宅に、源泉徴収票はありますか?収入証明書の提出を求められた場合、源泉徴収票を提出する方法が最も簡単な方法です。
「あれ、この前まであったのに源泉徴収票が見当たらない…」
再発行したいところですが、源泉徴収票は、再発行することができないため、代わりに課税証明書を準備していきましょう。

・源泉徴収票【必要時間1分】(12月に発行されているものがあるため、手元に置いているなら、そのまま提出しましょう。区役所や市役所に行く必要がありません。探し出す手間しかかかりませんので、1分あれば十分でしょう。)

・課税証明書【必要時間10分】(区役所に行けば、有料で簡単に発行してもらえます。その際、免許書と印鑑が必要ですので、忘れないようにしてください。簡単な手続きを済ませて、10分程度待てば、課税証明書を発行してもらえます。自宅から市役所や区役所が近ければ、お勧めの方法です。)

上記の方法が、最速で簡単に収入を証明できる方法です。他にも素早く、収入証明書は準備できないか気になるところだと思います。

他の選択肢として、ご紹介するならば給与支払証明書を数ヶ月分、準備できますか?
これは会社から毎月発行されていますので、手元にあれば素早く提出が可能です。キャッシング会社によりますが、審査が厳しければ、数ヶ月分が必要となりますので、日頃から何があっても良いように手元に残しておくと良いでしょう。

また、自営業者の方であれば、確定申告書が自宅にありますので1分で準備できるでしょう。

・給与支払証明書【必要時間1分】(自分が過去の給与支払証明書を数ヶ月分残していれば、この方法を利用できますが、証明書を捨ててしまっていれば、この方法は利用できません。)

・確定申告書【必要時間1分】(会社員ではなくて、自営業者の方は、確定申告書を自宅に置いているでしょう。手元にあれば、すぐに利用し提出が可能です。もし手元にないという場合は、税務署の窓口に再発行手続きをしなければいけないため、1ヶ月ほど待たなければいけないこともあります。)

収入証明書の提出が必要でも、金利が低い方が絶対に良い!
自分が利用したいと考えるキャッシング会社で、収入証明書の提出が必要ならば、上記で説明した書類を、素早く準備してしまいましょう。源泉徴収票であれば、会社勤めをしていれば誰もが所有している書類です。
必要なものは、すぐに準備して審査に通過した方が、将来的に好都合な金利で借り入れが行えます。収入証明書の必要のないカードローン会社を探すぐらいであれば、準備して提出した方が早いですよ。