・専業主婦でも借り入れできるの?

カードローンは、専業主婦でも借り入れできるのか疑問に思う人がいるかもしれません。実は、カードローンは専業主婦でも借り入れできるのです。
ただし、ノンバンク系は厳しいと言えます。銀行が出しているカードローンでしたら、専業主婦でもキャッシングが可能です。
信販系や消費者金融が出しているカードローンは、キャッシング出来ません。
総量規制というルールがあって、年収の1/3までしか借り入れ出来ないという法律が平成22年に定められました。そのため、そもそも年収のない専業主婦は、借り入れができなくなってしまったのです。
法律に定められた正規のちゃんとした業者からは、これで借りることができなくなりました。よって、借りるときは銀行カードローンで借りるようにしてください。
銀行は銀行法という法律なので、総量規制のある貸金業法は適用されません。
銀行が出しているカードローンでしたら、収入のない専業主婦でも借り入れできます。

・申込用紙に配偶者の勤務先は書く?

カード会社の申込用紙には、勤務先を書く欄があります。
そこで、勤務先のない専業主婦はどうしたらいいのでしょうか。
専業主婦は、勤務先がないので勤務先欄を書く必要はありません。
では、配偶者の勤務先を書く必要があるのでしょうか。実は、配偶者の勤務先も書く必要はありません。何も書かなくて良いのです。職業欄に、専業主婦と書くだけで審査はスタートできます。

・専業主婦の審査は厳しい?

銀行カードローンの審査ですが、専業主婦だから厳しいとか、銀行だから厳しいとは一概に言えません。審査理由は公開されておらず、わからないからです。ですが、ある程度の予想はできますので、審査の傾向を知ることができます。
まず、ウソをつかないことが大事です。
収入がないのにあるように書いたり、数字をごまかしたり、他社からの借り入れが少ないかのように装ったりしてはいけません。ウソをついても、ほとんどの情報は信用情報機関に把握されていますので、銀行はあなたのリアルな数字を知ることができます。ウソをついても真実が暴かれてしまいますので、本当のことを書くようにしましょう。
また、収入が少しでもあると有利です。カードローン会社は長期に渡って確実に返済してくれる人を好みますので、パートでも結構ですので少しでも働いて、確実な収入を得ましょう。固定の収入があれば、審査でも強みになりますし、限度額のアップにも効果的です。

・主婦の審査で重要なポイント

新生銀行レイクなどでは、レディースローンが使えます。
特に金利が安くなるわけではないのですが、女性の担当者をつけてもらうことができますので、安心です。問い合わせから申込、借り入れ、返済にいたるまで、男性と話す必要はありませんので、安心してお話していただけます。
また、専業主婦の審査では、夫の同意が無くとも借り入れできますので、安心して下さい。そして夫の勤務先も書く必要がありません。これは嬉しいですね。
収入が少しでもあるのであれば、本人に安定収入があるとして借り入れに有利になり、また消費者金融などでも借り入れできます。消費者金融で借りる場合は、年収の1/3が限度額になります。借り入れ希望額を書くときに、年収の1/3以上を書かないように注意してください。
ブラックなどの信用情報の焦げ付きがなければ、専業主婦でも銀行でカードローンを借りることができます。
専業主婦は収入がありませんので、そのかわり、配偶者に安定収入があることが何より大切になります。それと同時に、本人の信用情報も大切になります。これまで返済が滞っていたり、金融事故などを起こしていたりした場合は、次の借り入れが難しくなります。ですが、信用情報がキレイなのであれば、審査に有利に働きます。

・専業主婦は限度額が低め?

専業主婦の場合は、限度額はどうしても低めになります。
限度額は30万円だったり、10万円だったりと、収入のない学生と同じ程度のカードローンしか借り入れできません。条件が揃えば、銀行カードローンの審査に通ることは十分可能です。まずは申込してみないとわかりませんので、気になる銀行にカードローンの申込をしてみましょう。

・家族に内緒で借り入れるには

家族に内緒で借り入れを行うには、郵送物のないカードローンを選ぶ必要があります。
家族や周囲の人に借り入れがバレるのは、ほとんどの場合、カードローン会社からの郵送物がやってくるために発覚してしまうのです。
よって、カードローン会社からの郵送物がなくなれば、自宅に送られて来るものがなくなるため、借り入れの契約を行っても家族に知られることがありません。
郵送物のないカードローンを選びましょう。
郵送物が発生するタイミングは、申込時のカード発行時、申込の契約時、利用明細の発行時、滞納した場合の請求書などがきっかけで起こります。
これらのうち、申込のカード発行、申込の契約、利用明細は、避けることができます。
郵送物なしで借り入れを行いましょう。

・郵送物なしでカードローンを借りるには

インターネットで申し込むことが大切です。
パソコンでもスマホでも良いので、公式ホームページからアクセスを行います。
インターネットで申込を行えば、契約書の送付が行われないので、自宅に郵便物が送られてきません。
まずはWebで申込を済ませて、審査と契約を完了させ、のちにカードをテレビ窓口や無人契約機に受け取りに行きます。そしてその場で自分の手でカードローンのカードを受け取ります。その場でカードを受け取ることで、自宅に送られてくるのを防ぐことができます。
カードを受け取ることで、その場でATMを利用したり、提携ATMに行くなりして、その場でキャッシングができるようになります。その場で利用できるので、自宅に何か送られてくるというようなことが起こりません。

・郵送物なしで受け取る場合の注意点

自宅に郵送物が送られてこない状態でカードローンの借り入れをする場合は、時間に注意が必要です。無人契約機は夜間や深夜の時間帯は開いていないことが多いです。夕方は20時や22時までやっていることもありますが、基本的には17時などで終わることが多いですので、受け取りには注意が必要です。

・明細はWEBで受け取れば大丈夫

利用の度ごとに明細を受け取る必要があります。ですが、それはWeb明細で代用できます。契約を結ぶために申し込む際に、明細をWEBで受け取るというふうにチェックを入れると、紙の明細書が送られてこなくなります。これで利用のたびごとの明細が送られてこないので安心です。

・滞納したときの書類を避けることはできる?!

最後に、滞納してしまったときですが、滞納してしまったときはもう書類が送られてくることを避けることはできません。これは通常の利用とは違うイレギュラーな利用ですので、どうしてもこれを止めることはできません。対策としては、もう滞納を起こさないというよりほかはありません。滞納を起こさなければ、これらの書類は送られてきません。ですが、どうしても連絡なしに支払いを滞納してしまった場合などは、紙の書類で自宅に郵送物が送られてきますので、家族に発覚するリスクが高まります。これを防ぐためにも、支払いはきちんと行いましょう。

これらのルールを守ると、自宅に郵送物が送られてこないので家族に知られること無くカードローンを借りることができます。